友禅染めの工程

2009/11/06
いくつもの工程をこなして、生地が染め上がる手描き友禅染め。
今回は自身の作品で、その工程をご案内します。

友禅染めは、約10ほどの工程があり、着物や帯を染めるのと、小物などの小さなものを染めるのはほぼ同じ工程があります。
現在、京都や加賀友禅の職人さんは工程が分業していますが、私が学んだ江戸友禅(東京友禅)は工程を一通り行うことが出来ます。

手描き友禅染めの工程


図案 1.図案ずあん*トレーシングペーパーに、デザインした図案を写します。
下絵 2.下絵しんか*生地に新花で下絵を付けます。
                        新花は水で消えます。液状ですので、皿に入れて筆描きします。
糸目 3.糸目糊置いとめのりおき*下絵を付けた線の上に糊を置いていきます。
                                     糊を切るときは、生地に押しつける様にします。
                
                4.地入れじいれ*ふのりを煮つめた糊液を刷毛で引きます。
                              染料のに色ムラ防止と、糸目糊のにじみ防止の為。
色挿し 彩色 5.色挿しいろさし*柄に色を挿します。筆や刷毛を使います。 
                 粉状の染料を水に溶き煮立て液状にした染料液を用意、色を混ぜ合わせ、彩色.。
                  絵皿 筆 刷毛

伏せ 6.糊伏せのりふせ*色を挿した柄部分に糊を伏せ、地色が入らない様にしま
                             す。濃い地色の場合、裏からも糸目に沿って糊を引く。
地色 7.地染めじぞめ*生地全体に色を引きます。

蒸し器     8.蒸しむし*色を定着させる為、専用の蒸し器に入れます。

水洗い  9.水元みずもと*蒸し上がった生地を、酢を溶いた水に浸し、余分な染料と糊
                              を落とします。※酢は色止めに入れます。
出来きあがり 10.湯のしゆのし*蒸気をあて、生地幅を揃え乾かします。
                              小物はスチームアイロンで。 

                11.仕上げしあげ*生地が染め上がったら、箔や刺繍などの仕上げをします。
                12.仕立てしたて*仕上げが出来たら各形に仕立てます。

このようになが~い工程を経て、オンリーワンの作品が出来上がります。

※このテーブルセンターは知人からの依頼で制作した作品です。海を渡ってフランスのご家庭で使って頂いております。











                                 
                    
スポンサーサイト
comment (4) @ ものづくり
田園アート&ライフマーケット2009 | 学院祭に向け

comment

: コノリ @-
うわ~っ。なんて大変なんだっ。これはほんと世界で唯一の1点物だね。勉強になります!
2009/11/08 Sun 21:15:46 URL
コノリさん : shinokichi @6qYtONUs
長い道のりがあるんです(^-^)楽しいよ。
2009/11/09 Mon 11:25:06 URL
お? : もりまり @7SMSw2C6
どこかで見た柄…って思ったら(≧∀≦)
我が姉@フランスにプレゼントしたのだ!!
ホントは自分のにしたかったの(笑)

いやいや、それにしても
やっぱりすごく大変な工程を経てるのね。
いつもありがとう♪
2009/11/20 Fri 16:48:33 URL
もりまりサン : shinokichi @6qYtONUs
工程説明に使わせて頂きました!
ありがとうございます(*^_^*)
2009/11/20 Fri 21:06:19 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する