おとどけ

2016/07/10
2016_06290020.jpg
昨日、ご注文の帯を納品いたしました。

乃の工房史上もっとも細かい図案の帯、
近頃の作風とまったく違うので、
気に入っていただけるか、ちょっと不安でした。
が、

評価はすこぶる良く、一安心(ホッ)
胸を撫で下ろした次第です。 (^^ゞ


以前ご購入いただいた着物に合わせたいと依頼を受け、
今年初頭から着手、6月中旬に染め上がり、
昨日、お届けに行って参りました。

実際に着物に合わせてみようという事になり、
満ち潮(マングローブに魚の構図)懐かしい作品と対面。
「満ち潮」は2003に発表した作品。詳しくはこちら→○

img015.jpg × 2016_06020008.jpg
 
今作は、たいこと前に柄がある名古屋帯。
地厚で凹凸のある生地に、極力シンプルで、
使い勝手の良い柄を選び、
地色は赤茶、生地白の糸目では無く色を、
一旦薄桃色に染めて糊を置き、
色挿しはせず、地色を引く。

色は最小限、ここまでで使ったのは2色。
仕上に金銀の点を加えて、
所々に水色・紫・黄色・黄緑・桃色をちりばめた。

着物の柄は全体的に大きいですが、地色も柄も同系色でまとめており、
帯に無地か、細かい柄で、合わせると素敵♪と思っていました。
当時は帯も自身で染めるとは思っても無かったな~(^^ゞ


少し前にお客様から、秋の舞台で着るとお話を聞いていて、
色の明るい帯揚げ、帯締めで、華やかさを加えるといいかも~など、
コーディネート話も盛り上がりました。

どんなふうに着てもらえるか、今から楽しみです。






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。

乃の工房
スポンサーサイト
comment (0) @ オーダー制作
どうぶつ展 | 宇宙猫

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する