思い出の場所

2014/06/09
2014_05300113.jpg
浜名湖二日目~

フラワー号(バス)に乗って、浜名湖ガーデン会場に移動します。
ラッキーな事に、宿泊ホテルでバスチケットを頂き、
宿泊者専用号にて、ゆったり座って、とても快適に送り届けて頂きました。
バスの発着場所までは、ホテルの方が送って下さり。
お世話になりました「浜名湖グランドホテルさざなみ館」を後に…


2014_05300117.jpg
花博メイン会場「浜名湖ガーデンパーク」に到着しました。
ひとつ言うならば、バスの発着所から、会場入り口までの距離が長いということ。
入口から、自家用車用の駐車スペース、その後ろに観光バスの発着所、最後に路線バスの発着所の順。
昨日、帽子を買っておいてホントに良かったと思いました。
何せ、遮るもののない場所、日射しMaxなのです^_^;


2014_05300121.jpg
南入場ゲートから入って、少し歩いた辺りで、懐かしいものを発見!
愛・地球博(2005年日本国際博覧会)のゆるキャラがいました。

行きましたよここも~結構いろんなところに行ってます私。
当時、職場の人が先に行っていて、後に行く私の為に、レポート4枚書いてくれて、
お勧めエリアとか、お助けナビっぽい事を分かりやすくまとめてくれたんですよ。
さらにその説明を、口頭でもしてくれて、すごいですよこのマメさ!
あの時は、ホント助かりました! 


2014_05300215.jpg
話が横道にそれましたが、花博めぐり2日目、2会場目を制覇します!
「浜名湖ガーデンパーク会場」は、主に著名デザイナーをはじめ企業、
団体、学校がつくる様々なガーデンや、全国の自治体による共同出展など、
大規模な花の祭典です。


2014_05300128.jpg
マーガレットの小路へやってきました。
小道と言ってもこの広さ!
今日もたくさん歩きますよ~ \(^o^)/


2014_05300124.jpg 2014_05300126.jpg 
「次代につなぐ創造性あふれる庭」がテーマのエリアや、

2014_05300129.jpg 2014_05300133.jpg 2014_05300132.jpg
「年代やライフスタイルに合わせた庭の暮らしの提案」エリア、
浜名湖寄りの道をのんびり観賞して回ります。


2014_05300137.jpg 2014_05300143.jpg 2014_053001411.jpg
じゃ~ん!ここで再会。
10年前の花博で会ったゆるキャラ達登場!
名前は左から、キュウタン・ハッチー・ジョウロン(へぇ~知らなかった)
10年前もこうして、ジョウロン(右)を持った格好で、写真撮ってもらったんです。
当時の写真が見つからず、比較は出来ないんですが、今回も同じ同行者、
やってたね~またやるの?って(大笑)
はい、やりました!ライフワークにしてもイイよ (^-^)
この子達は、東船着場にいます。


2014_05300155.jpg
その先に、「モネの池」


2014_05300151.jpg 2014_05300157.jpg
「印象派庭園 花美の庭」
ガーデンパーク一番の賑わいのバラ園、
ここが折り返し地点。


2014_05300161.jpg
山側の道へ…
高台からの眺め、見渡しきれない会場の広い事…


2014_05300163.jpg 2014_05300166.jpg 2014_05300169.jpg
「花みどりのアート回廊」、このエリアが一番長く、花の種類も、量も半端ない。

2014_05300183.jpg 2014_05300205.jpg 2014_05300206.jpg
花・花・花・・・

2014_05300174.jpg 2014_05300207.jpg 2014_05300160.jpg
初めて見る形の花も多い・・・

2014_05300171.jpg 2014_05300199.jpg 2014_05300178.jpg
小動物もいる・・・
シカ(右)は「grow out Ⅱ」アーティストさんの作品
カエルやカニは本物!(連れが発見)

2014_05300185.jpg
太古の森っぽい小路に入りました。
ひんやりしていて、いい気持。
涼やかな音が響いて素敵なエリアです。
「sounding fog」 アーティストさんの音響作品なんですって。

様々な表現が楽しめる花の回廊を満喫しました。

後半へつづく…


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和装小物へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます

乃の工房 
スポンサーサイト
comment (0) @ 旅日記
思い出の場所~後篇 | 再会の場所

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する